アーカイブ MOVIE

『肉体の門』 いまさら五社英雄シリーズ

9月 22, 2013 No Comments by

一時期のかたせ梨乃の“肉体の説得力”は凄まじいものがあった。 しかし、この“肉体の説得力”というものは賞味期間が非常に短いもので、それは武田鉄矢がカンフー役者として活動した期間が、まるで成虫になってからのセミ程度しかなか […]

MOVIE Read more

宮崎駿『風立ちぬ』 ソプラノで歌え「浪花恋しぐれ」を

8月 13, 2013 No Comments by

ジブリ映画を劇場を見るのをお約束にしている人は多いようだが、自分は『魔女の宅急便』以降はふーんとハスナナメから眺めるといった感じで、TVで流れていたら何となく見たりするといった程度の距離感で接するようになってしまって今に […]

MOVIE Read more

鼻持ちならぬやつら:『ジャッキー・コーガン』

7月 03, 2013 No Comments by

“おまえらはジョークが好きらしい。見ているとまるで女学生並だ”――『レザボア・ドッグズ』 犯罪者は魅力的である。犯罪が魅力というのではない。犯罪そのものが反社会的行動の前提にあるにも関わらず、古女房の愚痴や糖尿や癌の病気 […]

BOOK, MOVIE Read more

リンゼイ・アンダーソン 『If もしも….』 ベッド下映画劇場

3月 06, 2013 No Comments by

バブルなんてのはろくでもない時代だったと思うが、今になって良かったなと思えることがひとつあって、それはどうしょうもない映画でもビシバシとソフト化されていたことだ。大人になってガキの頃買えなかった超合金のロボを買うオッサン […]

MOVIE Read more

カリフォルニア・ドールズ

11月 06, 2012 No Comments by

ロバート・アルドリッチの代表作といえば『ヴェラクルス』『特攻大作戦』『北国の帝王』『ロンゲスト・ヤード』など男・男・男の映画、リー・マーヴィンやらアーネスト・ボーグナインやらイイ顔したオヤジ達を大鍋にぶち込んで一晩煮込ん […]

MOVIE Read more

爆発的な自意識の噴出。『ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー』

7月 05, 2012 No Comments by

「自分さえ良ければいい」犯罪者と一般人の最も大きな違いは、そのエゴの差にある。 たとえば、あなたが洗い物をしてる最中に一枚の皿を割ったとする。普通、こういった場合、「ああ、しまった!」と思って自分の過失について悔やみ、た […]

MOVIE Read more

『吉原炎上』 いまさら五社英雄シリーズ

5月 06, 2012 No Comments by

うっかり続けることになってしまった五社英雄映画を語るシリーズ第二弾は『吉原炎上』である。 と、今回は映画の舞台が吉原遊廓というそれ自体がまな板の上からはみ出る大きなアオブダイのような難物であるため、まずコイツの図体を切り […]

MOVIE Read more

『へんげ』:或る彼岸に佇む夫婦の黄昏

10月 09, 2011 2 Comments by

9月中旬に開催されたカナザワ映画祭で、『先生を流産させる会』と同時上映された自主製作映画『へんげ』について、いくつか記すこととする。 ある夫婦の物語である。夫が原因不明の発作に苦しめられ、それを献身的に介護する妻がいる。 […]

MOVIE Read more

新世代暴力教室:『先生を流産させる会』

9月 28, 2011 1 Comment by

9/17より3泊4日の予定を立てて、石川県金沢市で前日の16日より開催されていたカナザワ映画祭に行ってきた。『フィルマゲドンⅡ』と銘打たれた当イベントも五年目を迎えており、毎年、他の劇場では上映されぬであろう、かつソフト […]

MOVIE Read more

ロバート・アルトマン『ナッシュビル』 まだ間に合う!! 新宿武蔵野館へ急げ!!

8月 23, 2011 No Comments by

ロバート・アルトマン監督の1975年作のこの映画、音楽の権利関係などで日本ではソフト化がされず、特集上映などで劇場にかからない限りなかなか見る機会が無く、今回の新宿武蔵野館での上映で念願かなって見ることが出来た。 物語は […]

MOVIE Read more

『鬼龍院花子の生涯』 いまさら五社英雄シリーズ

8月 21, 2011 No Comments

『鬼龍院花子の生涯』といえば、仲代達矢の「鬼政」である。 はっきり言ってこの映画の仲代は変だ。ただでさえ大仰しいと嫌う人も多い演技に磨きを掛け、キメてんのかと言うくらいにグングンとよく分からない高みへと上って行く。そこに […]

Read more

『イップ・マン 葉問』

3月 04, 2011 1 Comment

イップ・マン?何かのヒーローものか?と思ってしまう様な人でも、 あのブルース・リーの師匠であると分かれば、その伝記映画は全人類必見だということも自ずと理解できるでしょう。 物語は1950年の香港、イップ・マンが武道館開く […]

Read more